「KINTO」車のサブスプリクションを考えてる人は注意して!!

この記事を書いた人
ろーさん

トヨタディーラーの整備士に就職後、営業職を続け20年間勤めていました。
2021年に独立。人材育成、商品コンサルティング、自動車に携わる仕事をさせて頂いています。
経験した事 主に「車関係のお得な情報や旬な情報」を提供しています。又趣味の旅行グルメを載せています。TwitterやInstagramでも配信してます。

ろーさんフォローよろしくお願いします^^
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブスクリプションとはビジネスモデルの1つ。商品ごとに購入金額を支払うのではなく一定期間の利用権として定期的に料金を支払う方式 車のサブスプリクションという事では 「車を買うのではなく車を使用する期間 定額で支払うという意味合い」

自動車の購入方法も多様化して 「銀行ローン」以外にも様々な金融商品が利用されています。

スポンサーリンク

残クレ(残価設定型ローン)

自動車本体価格の高騰が家計への負担を大きくする事を抑える為に車を購入し易い様に車メーカー会社が浸透させて来た支払い方法「車の毎月の支払いを下げる手段」として取り扱う金融商品の残価設定型ローン 通称「残クレ

toyota.jp 残価設定

残価設定型クレジット(残クレ)|クレジット&カーリース|Honda

私もトヨタのディーラーに勤めていた際は車の高額化も進む世の中残価設定での購入をお客様に勧めていました。

https://kinto-jp.com/

そんな中、TOYOTA自動車が購入費用から維持費までを全てまとめてサブスプリクション化する「KINTO」という商品が今グングンとシェアを広げています。

急成長している話題の「KINTO」はどんな商品なのか?メリットとデメリットも含めて紹介します。

スポンサーリンク

KINTO

KINTOの仕組みは 昔から 法人(会社)相手に行っていた メンテナンスリースの仕組みを 個人(個人事業主)向けに開発された車のサブスプリクション。

車のリースは法人(会社)が車を買わずに使用料として払う経費として計算しやすいメリットがある商品。買うのではなく車の使用する期間は使用料を払う契約をリースと言います。借り物になるローンと違い「会社の借金扱い」にならないメリットがある。 

※法人(会社)や個人事業主は確定申告(納税)の際に払わないといけない税金を車の使用料(リース料金)がある事で抑える事が出来る。

雑学ですが昭和生まれには懐かしい「黒電話」は個人向けリース商品として一般家庭に普及していました。

自動車は買った後にもお金の掛かる商品。維持費がいくら掛かるかはユーザー次第で変わり、また購入した車も何年乗れるかもユーザーに任せて来たのがこれ迄の日本市場。

通常残価設定価格や現金 銀行ローンで購入した場合には車代以外に維持費がかかる
  • 自動車税(排気量で変わる~年に一度 人気のカローラクロスで年に一度36000円毎年支払う)自動車税関連記事
  • 任意保険(年齢や使用歴で割引が違う 26歳を超えない若い方 65歳の高齢の方は保険料が高額になりがち)
  • 新車購入時から普通車(軽含み)であれば3年後に車検、その後は2年毎に車検整備代の支払いが必要
  • 消耗品(タイヤ、バッテリー、ブレーキなど消耗した際には有料修理になる)は費用が掛かる
面倒な手続きも、諸経費も、一括コミコミのKINTOで手軽にマイカーを

新しい車の使い方KINTOについてご説明致します。

KINTOには2つのプランがあり(令和4年3月現在)簡単に特徴を説明致します。

初期費用フリープラン

3年利用コース 5年利用コース 7年利用コースがあり、契約期間が完了したら車を返却する仕組み。(車をトヨタから借りている)車を保有していて他に掛かる費用は燃料代のみ。頭金などは必要がない。(頭金は払えない)ボーナス支払いなどを追加する事が出来るので毎月の支払いを抑える事も可能。契約の期間途中に車を手放す場合 ※違約金が発生する

※例えば、3年プランで18か月目に解約する場合は、月額利用料の3か月分の中途解約金のお支払いで解約可能。詳しい詳細はデメリットでの説明で。

・解約金フリープラン

利用期間は3年契約のみ 頭金として5カ月分を契約時にカードで支払う支払いは初期費用フリープランと違いボーナス加算は不可能 ただし契約の期間中いつ解約しても問題なし更に再契約使用期間の延長も可能

※どちらのプランも契約満了時に規定の走行距離を超えた場合やボディーへの傷が多い場合は支払いが発生する場合があります。

スポンサーリンク

KINTO メリット 両プラン

自動車保険も月額利用料にコミコミ
20歳
20歳

KINTOにすれば サブスク(定額)なので車に掛かる費用が計算しやすい!

年齢が20歳の僕は保険が高いので 車両保険に入る事ができなかったけどKINTOなら年齢は関係なく車両保険に入った費用がWEBで掲載されている!!

・定額払いの中には自動車保険料も込みこみ。 更に自損事故も保険で支払える一般車両保険付き!! ※免責5万円(因みに通常車を買って新たに保険に加入する際に自動車保険の適用範囲の年齢が21歳を超えていない方の自動車保険は驚く程高額

比較シミュレーション | 【KINTO】クルマのサブスク、トヨタから (kinto-jp.com)

・契約期間中は通常毎年手続きする毎年行っていたわずらわしい自動車保険の更新も不要

・KINTOで契約した車なら事故などで自動車保険を何回使っても定額は変わらない (通常 自動車保険は使用すると翌年度以降保険が更新時に高くなる

KINTO 自動車保険の特徴について|【KINTO】クルマのサブスク、トヨタから (kinto-jp.com)

車を購入して自動車保険について考えている方はコチラの記事も⬇︎

KINTOメリット 両プラン

車に詳しくない女性
車に詳しくない女性

車のメンテナンス費用って意外と高くない?!タイヤ交換費用なんて考えてなかった!バッテリーって何?? 車検って何年で来るの??車にいくら用意すれば良いかわからない!!

KINTOなら整備代も安心のディーラーで行う事ができる。お金の掛かるタイヤ交換やバッテリー交換など消耗品から5年コース以上の方は車検費用も当然コミコミ費用の支払いで済むため追加で支払う必要がない。

KINTOなら毎年5月頃に来る自動車税 や車検の際に支払う重量税などの税金もコミコミの為税金などをわざわざ金融機関やコンビニなどに支払いに行く必要がない。忙しい方にも手間いらず

・車選びをわざわざディーラーに行く必要がない。ネットで車を選び納車までお店に行く必要がない。携帯電話で使用できる車を選べる。

KINTO メリット 両プラン

引用元 ハリアー シミュレーション|【KINTO】クルマのサブスク、トヨタから (kinto-jp.com)

・当たり前に車を購入するよりKINTOの方がメーカーが力を入れている為人気車の納車早い(現在ほとんどの車種が納車が1.5ヵ月~2カ月程度で出来る車種もある) 一般的な購入なら今のトヨタ車は納期は3~6ヵ月がほとんど(令和3年12月現在)

クルマをみる 全てのラインアップ|【KINTO】クルマのサブスク、トヨタから (kinto-jp.com)

トヨタ 工場出荷目処一覧 | トヨタ自動車WEBサイト (toyota.jp)

・契約期間中にもし使用したい車を変更したい場合乗り換えGOという仕組みが使える(但しKINTOが取り扱っているトヨタ車レクサス車にのみ乗り換え可能)

※解約金フリープランは頭金が5ヶ月分必要になるがいつ返却しても良い。違約金は必要無し

KINTO デメリット

  • 月々の支払いが高く感じる(当然駐車場代などは別途で掛かる)
  • 車の借用なので下取りが出来ないため今の車の処分や買取をどこかに手配を掛ける必要がある
  • 自動車保険KINTOが支払うため今の等級(割引率)KINTOには引き継げない(現在の保険は停止、もしくは解約)
  • いくら払っても借り物なので自分の物にはならない。
  • ペットやタバコなど借り物なので禁止事項がある。当然改造は原則禁止
  • 初期費用フリープランだと途中で解約をすると違約金が発生する (3年コース使用中に1年目で転勤で車が必要が無いため返却したいなど)⬇︎は初期費用フリープラン解約した際の説明

中途解約について|【KINTO】クルマのサブスク、トヨタから (kinto-jp.com)

KINTOはどんな方向き⁇

KINTOがオススメな方

  • 車が必要だが手元にまとまった資金を出したくない
  • 現在自動車保険の料金が高い方事故などで高くなった方や年齢が若く保険料が高い方
  • ローンと違い借り物なのでクレジットカードをお持ちの方なら審査が通りやすい
  • 車の手続きに時間を掛けたくない
  • 車の維持費を必要経費として管理出来る(クレカ払いになります)
  • 車のカスタマイズに興味がない
  • ペットを飼っていないタバコ喫煙を車内でしない
  • メンテナンスは安心のディーラーで行いたい
  • 営業マンなどと購入の交渉が苦手

※因みにKINTO契約はディーラーとKINTOでも契約を行います。株式会社KINTOがディーラーから車を買った後にKINTOが買った車をユーザーに貸し出す仕組みです。

トヨタ車以外にも乗りたいや任意保険などの割引が高い方、車を自分でメンテナンスや洗車など愛車にしている方

資金繰りに余裕があり自由に乗り換えをしたい方 (車の転売などで儲けている方)にはKINTOはオススメ出来ないと思います。

まとめ

結論としてKINTOは車を購入した後にも掛かる費用を透明化してユーザーに安心して車を使って貰える商品。携帯電話や他のサブスク商品から比べると高価に感じるが、実際はユーザーが購入した後に払う費用を毎月払いにしているだけなので決してKINTOを選んだから損をする!なんて事はありません。

逆に車に対して興味や知識が薄れている若年世代や新たに車を使いたいユーザー、買い方や購入後の事が心配な方にとっては悩まずに安心できるプランではないでしょうか⁇

契約期間には保険もシッカリ整備もシッカリ!安心して車を楽しめます。

引用元 https://toyota.jp/info/bz4x/new/

更に今年はトヨタ自動車から待望のBEV(電気自動車)「BZ4X」が発売されます。コチラについても日本では個人向けユーザーにKINTOでのみ販売をするとの事!

そしてこれからのトヨタ自動車には益々目が離せません。

今現在 ハイブリッド車をお使いの方やこれから検討される方はコチラの記事も❗️

「KINTO」や「リース」などのサブスクで購入するとなると自分の車の下取りは基本行わない事になります。 車代は定額支払いなので下取りという概念はありません。

結果今お使いの車の処分は自分で考えないといけません。

自分の車の買取価格は皆様ご存じですか?? 自分の車の車検証が手元にあれば携帯電話で簡単に調べる事ができます。

電話が苦手な方向けにはメールで出来ます。⬇︎リンク

これは私のGメールに来たメールです

買取に関しては車種限定ですが コチラの記事も参考に。思わぬ高額査定にビックリ⁉️ 輸出対象車両は思わぬ買取額が❓!⬇︎


全般ランキングろーさんブログ - にほんブログ村
ろーさん

トヨタディーラーの整備士に就職後、営業職を続け20年間勤めていました。
2021年に独立。人材育成、商品コンサルティング、自動車に携わる仕事をさせて頂いています。
経験した事 主に「車関係のお得な情報や旬な情報」を提供しています。又趣味の旅行グルメを載せています。TwitterやInstagramでも配信してます。

ろーさんフォローよろしくお願いします^^
自動車
スポンサーリンク
ろーさんフォローよろしくお願いします^^
ROOBLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました