「お金をかけたく無い方はみんなやっている」9年間で4台新車に乗った方がお得?!

この記事を書いた人
ろーさん

トヨタディーラーの整備士に就職後、営業職を続け20年間勤めていました。
2021年に独立。人材育成、商品コンサルティング、自動車に携わる仕事をさせて頂いています。
経験した事 主に「車関係のお得な情報や旬な情報」を提供しています。又趣味の旅行グルメを載せています。TwitterやInstagramでも配信してます。

ろーさんフォローよろしくお願いします^^
スポンサーリンク
スポンサーリンク

突然ですが私は20歳~現在40歳まで新車を初めて購入してから一度も車検をした事がありません。

嘘みたいな話ですがだいたいある買い方をする事で1年~2年半でずっと車は買い換えて来ています。 みなさんの周りにはそんな方いないですか??

私の車の経歴は フィットノートカローラフィールダーストリームオデッセイマークX120系プリウスα→ハリアー60系→VOXY→ステップワゴン→NOAH→アルファード→カムリ80系→ハリアー

オ~マイガッ

カラクリがあります^^繰り返しますが「決して私の収入は高くありません車業界にも関わっているから特別な値引きがあったと言うわけでもありません!「残価設定」を利用する事で賢く 維持費を抑える為に車を買い換える事のメリットをお伝えします。 この記事は前職がトヨタのディーラーに勤めていた私の体験を元に書いております。

走行距離にもよりますが9年間で4台くらい新車に乗り換える事がベストです。

スポンサーリンク

残価設定(残クレ)って??

  • 残価設定」とは自分が購入しようとしている車を支払い金額を抑えて低予算乗ることができる支払い方法
  • お店が設定した3年、4年、5年後下取り額(3~5年後の買取価格)を据え置いて 残った金額を分割で3年、4年、5年で支払うシステム(3年→36回 4年→48回 5年→60回)
  • 据え置く金額はお店が3年後~5年後の下取り価格で設定するので査定価格の高い人気車種程大きい(残価が高い)ので一般的なローンで買うより支払いが低い
車によっては残価(据え置いた金額)が5年後70~90%の車もある(超高額査定車フェラーリ 国産ならランクルなど、、、 900万の車の残価90%=810万円残価  実質90万円しか払わないΣ(゚Д゚) Σ(゚Д゚) 凄い…

・月々の支払いが完了したその後は??

  1. 新しい車に乗り換える
  2. 車の返却
  3. 今の車に乗り続ける(本人が買い上げる)1回~60回etc..再分割払いの場合 金利が上がるお店もある。
ソース画像を表示

ネッツトヨタ札幌/残価型割賦プラン (netz-sapporo.com)

スポンサーリンク

残価設定のメリット デメリット

メリット

  • 月の支払いが普通のローンで払うより残価部分は払わないので安い
  • 走行距離と傷の状態が※まあまあ普通の状態なら最終回に買い取って貰ってローンの支払いを終わらせれる。(買取保証がついている
  • 価格が高い車でも人気車種なら残価(残した金額)が大きいので普通に支払える
※普通の状態とは お店で異なります 一般的には走行距離が年間1万2千キロ~1万5千キロ位 傷は10万円程度なら手出しは無し お店に確認をしてくださいね。

契約時にこんな紙を貰います。

こんな紙を契約時に貰います

デメリット

  • 最終回支払い(残価分)にも実は金利が掛かっているので月の支払いは安いが意外と金利が高い
  • 人気車種を選ぶと残価(残した金額)が大きいので返却や買い換えをしないで全部を払おうとすると最初は安いが残価分を分割で払うと最初の契約時より毎月の支払が高くなる不思議な現象が起きる(*´Д`)
  • 通常ローンと一緒で大事故に合い廃車になるとローンだけ残るので※車両保険は入ってた方が安心 
  • 気に入って乗りまくり過ぎて走行距離が延びると返却しようとすると追徴金が出る可能性がある。  

※ 車両保険...自分の車の修理代を事故や災害があった際に補償してくれる任意保険の中の商品
スポンサーリンク

デメリットを踏まえても走行距離が年間1万キロ~1万5千キロ以内の方は残価が絶対合理的!!

・「ローンだと事故が怖いんだよね」という方。現金で買った場合廃車になる程の事故に合ったらお金は戻ってきますか??答えはNO!!ひどい事故だと車が最悪廃車です。新たに買わないといけません。

OMG!!

現金で9年間で2台乗った場合の費用と残価(残クレ)で9年間に4台乗った場合の比較

ここに私が考えていた事を解りやすく解説した資料があります。某ディーラーの資料です。

本体価格 258万4000円 諸費用(車を買う時に掛かる税金や車庫証明等の費用)20万3370円掛かる 258万4000円+20万3370円=278万3370円

1台購入するのに278万3370円で計算されてます。維持費は69万払っているようになっています。

左側の車の乗り方は9年間で2台新車を買っています

278万7370円×2台=557万4740円 支払っています。

左側は 車代2台分+車の維持費全部払っている。

ただし、2台目購入の際下取りが20万円ついているので購入する車両代に20万えんは当てれるのでマイナス20万。そして9年間の維持費69万円を払っている。

車代2台557万4740ー20万円(下取り)=537万4,740円(実質の車代)  537万4740(車代)+69万(維持費)=606万7470円

・左側は9年間で 606万7470円払っている事になります。

・次に右側を説明する前に!右は9年間で 4台乗り換えています。ここでポイント!!

右側の人は 維持費を払っていません 4台利用していますが車代も全部払っていない(残価を残すから)3年事に車を返却している

1台購入する度に車検代の代わりに20万円頭金として払っています。(ここは重要ではない)

頭金20万円×4台購入なので 80万円現金を用意している

残価が3年で52%。残価(134万3680円)

本体+諸費用2787370円ー134万3680円(残価)引いた金額144万3690円

1台当たり144万3690円を36回払いで払ったら新車に乗れる 但し金利3.9%が毎月の支払に追加される144万3690円÷36回=40102円(金利無しの場合)

1台当たりが金利追加で毎月42100円の支払いになる(金利が毎月に1997円追加

9年間は月に換算すると108か月 右側は42100円×108ヵ月払っている。

 42100円×108ヵ月=454万6800円 それに頭金は20万円1台あたり払っている。 4台購入だから頭金80万円

左側は9年間で454万6800円+80万円534万6800円払っている

現金で9年間2台は 6064740円 残価で9年間4台乗り換え 5346800円

ハアハア(*´Д`)ッ  ここまで読んで頂きお疲れ様でした (笑)

まとめ

結論  年間1キロ~1万5000キロ走行する方 残価の買い取り補償がついている限り車代と維持費を払うより 車を回転させて乗り換えた方が断然お得です。理想は現金で3年毎に乗り換える方が下取りもあって手出しも減り金利が掛からずお得ですが そんなことしてたら100万単位の大きいお金を3年事に動かします。 

一般家庭では 現実的ではありません。 金銭的に車代だけで家計に負担を掛けます。((+_+))

ただ、毎月支払いなら未だ現実的です^^

残価設定は現金で払うより金利が掛かります3年毎に乗り換える」方が金利を含めても

俗にいう「乗り潰す」より絶対お金を掛けません。( ゚Д゚) 

車は持っているだけで 車検 税金 保険が掛かります ((+_+)) 上記で計算した通り今後のご家庭の車は 「車代+維持費」を払う時代から 「車は使う分だけ払う」に切り替わって行くのかもしれません^^ 

ローさんブログ最後まで読んで頂きありがとうございました。 

他の記事に 自動車保険の事も書いております。 是非読まれて下さい^^

安心したカーライフに必要な車両保険など車の維持費を抑えたい方 ネット保険も一つの方法です^^ 賢く利用して 楽しいカーライフを 送りましょう^^

一番安い自動車保険がわかる!

 

 

ろーさんブログ - にほんブログ村
全般ランキング
ろーさん

トヨタディーラーの整備士に就職後、営業職を続け20年間勤めていました。
2021年に独立。人材育成、商品コンサルティング、自動車に携わる仕事をさせて頂いています。
経験した事 主に「車関係のお得な情報や旬な情報」を提供しています。又趣味の旅行グルメを載せています。TwitterやInstagramでも配信してます。

ろーさんフォローよろしくお願いします^^
自動車
スポンサーリンク
ろーさんフォローよろしくお願いします^^
ROOBLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました